ヨーロッパ旅行のコツ!友人と楽しむ航空便

私は欧州に住んで13年になります。
毎年夏には日本から来る友人と一緒にヴァカンスに行きます。

 
語学ができない友人に変わって私が旅の段取りをすべて計画するため、年を追うごとにヨーロッパ内での旅行に関する知識が増えてきました。

 
今では各国の公共交通機関をお得に利用する方法などを熟知しています。
まずはヨーロッパ内で利用できる格安航空便です。

 
主にヨーロッパ内で利用されているのは2つの会社で、とてもリーズナブルにチケットを購入することができます。

 
例えば、ロンドンからミラノまで片道10,19ユーロ、ルクセンブルクからバルセロナまで11,09ユーロなど、破格の値段設定がされています。

 
8月のヴァカンスシーズンやイースター、クリスマスなど特定の時期には相場は跳ね上がりますが、それでも片道航空券の値段が100ユーロに達することはほとんどありません。

 
荷物を預け入れるのに別途手数料がかかったり、席を指定するのにも6ユーロかかったりしますが、最低限の荷物だけを小さなトランクに詰め込んで旅に出る分には付属のサービスは必要ないので、航空チケットの値段だけで気楽に利用することができます。

 
次に鉄道です。

 
ドイツの国鉄はそもそもの値段設定がとても低いのですが、早割を利用することでさらにリーズナブルになります。

 
1週間以上前に予約をすれば、半額以下の値段で旅ができます。

 
現地でのタイムテーブルがはっきりしないから予約はちょっと、という場合にはローカル電車のチケットを早割で抑えるのがおすすめです。

 
ローカル電車の場合は予約した時刻の電車でなくても同じ日、同じ区間の電車ならばどれに乗っても大丈夫です。
同じくフランスやイタリアの鉄道チケットも早割があります。

 
ドイツ程の値引きにはなりませんが、いずれも最低でも1週間前後の余裕を持って予約するのがお得です。

|